このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年6月8日土曜日

黄金に輝くミャンマーNo.1観光スポットシュエダゴン・パゴダとは?

Shwedagon Pagoda

黄金のシュエダゴン・パゴダとは?[Shwedagon Pagoda]

こんな写真を目にしたことはないだろうか?
ここがそう、ミャンマーに行くと必ずと言っていいほどみんなが見に行く観光スポット。
伝説によれば、シュエダゴン・パゴダは約2500年前に建てられたとされている。実際には1372年の建立のようだ。考古学的研究によれば6~10世紀の間に建立されたと考えられている。地震によって幾度も破壊されており、現在の仏塔の原型は15世紀ころ成立したと考えられている。

塔のてっぺんの方にはダイヤモンドも数多く埋め込まれ、黄金プレートでがっちりとコーティングされている。塔の高さは100メートルほど。

中には裸足で入る

Shwedagon Pagoda

建物の中も黄金だ

Shwedagon Pagoda south entrance




Shwedagon Pagoda

夕暮れのシュエダゴン・パゴダ

Shwedagon Pagoda


空からみるとこんな感じ(GoogleMap)
大きな地図で見る


Wikiで詳しくみてみよう

まだまだ文献がWikiでも少ない。詳しく知る方は是非加筆していただきたい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%80%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B4%E3%83%80


とにかく美しい。
何千年も前の建造物とは思えないほど。

Shwedagon Pagoda, Rangoon
その他のミャンマーブログをチェックする! ブログランキングならblogram

ミャンマー(海外生活・情報) ブログランキングへ その他のミャンマーブログをチェックする! ブログランキングならblogram ブログ王ランキングに参加中!

Follow by Email

ジェトロ ミャンマー関連イベント情報